盤上遊戯は三日月の夜に

ボードゲーム好きの夫婦「ミカ美(みかみ)」と「Moon(むーん)」の日常

【雑記】”絶体絶命のピンチの時に思わず出てしまった笑い方” 性格診断

※この記事は5分ほどで読み終わります。

 

 

どうも、みかむーのMoonの方です。

 

 

さて、いきなりですが 

 

 

『絶体絶命のピンチにも関わらず、思わず笑ってしまう』

 

みたいな場面って

 

みなさん一度はどこかで見たことがあるのではないでしょうか。

 

 

笑い方一つでどんなキャラ性格か、またその後どうなってしまうのか、その辺がすぐわかります。

 

 

そこで今回は、こんな性格診断を考えてみました。

 

 

 

題して、

【”ピンチの時に出る笑い方”性格診断】

です。

 

--------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------

タイトル

<設定>

皆さんは楽しくボードゲームで遊んでいます。

 

さぁ、あなたの手番が回ってきました。

 

今からダイスを振ってもらいます。

 

 

一発で”1”の出目を出さないと『3日に1回はクモの巣に引っかかる呪い』にかかります。

 

 

どれだけ注意していても必ずひっかかります。

しかも顔に。

 

 

まさに絶体絶命のピンチ。

 

 

 

<笑い方の選択>

まず、あなたは自問自答します。

確率は単純に『6分の1』、それを自分が出すことが出来るのか。

 

するとどうでしょう。

気づけば貴方は笑っているではありませんか。

 

①「あ、あはは…、まいったなぁ」

②「ひっひっひ、なるほどねぇ」

③「くっくっく…僕を誰だと思っている?」

④「へへ…面白くなってきたじゃん」

⑤「ほっほっほ、こりゃあ ちと厄介じゃのう」

⑥「あひゃひゃひゃひゃひゃ」

 

 

さぁ、自分に一番しっくりくるのはどれでしょうか。

直感で選んでみてください。

 

 

 

 

<診断結果>

皆さん選びましたか??

 

では早速、診断結果を見てみましょう。

 

①「あ、あはは…、まいったなぁ」

これを選んだあなたは

努力しなくてもなんとかなるタイプです。

 

半笑いみたいな表情で、こめかみあたりには汗が一粒。そんなキャラです。

『ま、なるようになるか』と楽観的で、チャレンジしてみたら案外なんとかなっちゃうタイプに違いありません。

 

そんなあなたの良いところは『失敗してもそれはそれでどうにかなっちゃう』ところ。

悪いところは『欲がない」ところです。

 

 

②「ひっひっひ、なるほどねぇ」

これを選んだあなたは

一見悪そうで実はいい人タイプです。

 

イメージ的には「ねるね○ねるね」のCMに出てくる魔女みたいな感じです。

こんな絶体絶命の状況でも、『いやはや、まいったね……。ところで』とか言いながら急に新しい条件を突き付けたり、相手の弱みに付け込んで、勝負自体をうやむやにするタイプです。

 

そんなあなたの良いところは『文句言いながら面倒見がいいところ』

悪いところは『いつも余裕ぶって本気出さないところ』です。

 

 

③「くっくっく…僕を誰だと思っている?」

これを選んだあなたは

策士、策に溺れるタイプです。

 

『このダイストレイは2000年代に入ってから作られたモデルで、素材は……』

などと散々うんちくやらデータやらを語った挙句

『――つまり、この角度から投げ込むことで確実に”1”を出すことが出来るのだ!』

とか言っておきながらも、どうせ

『な、なにぃ!?なぜ”1”が出ない!?』

と何かしらの見落としによって失敗して

『わ、私が……この私が失敗するなどあり得ない!!』

と取り乱すタイプです。

 

あなたの良いところは『愛されしおっちょこちょい』なところ。

悪いところは『話が長い』ところです。

 

 

④「へへ…面白くなってきたじゃん」

これを選んだあなたは

脳筋熱血バカタイプです。

 

主人公っぽさで言うと、一番主人公っぽいキャラと言えるでしょう。

基本的に小難しい話は聞いてない、聞いても理解できない、てか寝てる。

考えるよりも先に体が動くタイプのあなたは、一度ダイスを振って失敗しているにも関わらず「よーし、もう一回だ!」とか言い出してルール無視してやりたい放題な感じですね。

 

そんなあなたの良いところは『バカみたいにポジティブ』なところ。

悪いところは『バカみたいにポジティブ』なところです。

 

 

⑤「ほっほっほ、こりゃあ ちと厄介じゃのう」

これを選んだあなたは

あふれ出る才能が隠し切れないタイプです。

 

一言で表すなら『老獪(ろうかい)』って感じですね。

百戦錬磨の戦いを潜り抜けてきたであろうオーラが隠し切れないイメージですね。

気づいたらダイスがすり替えられていて『おや?すり替えてはいけないとルールにあったかな?』とか平気で言ってのけます。

 

そんなあなたの良いところは『なんとかなる安心感』があるところ。

悪いところは『口を開けば自慢話』なところです。

 

 

 

⑥「あひゃひゃひゃひゃひゃ」

これを選んだあなたは

狂人タイプです。

 

もう頭がおかしいです。なんのためらいもなくダイスを振るタイプです。

しかも、きっちり”1”が出るパターンのやつです。

それなのに『おいらにも呪いかけておくれよぉぉおおお』って自分から呪いにかかりたがるという変態っぷり。

 

そんなあなたの良いところは『割と自由でも許される』ところ。

悪いところは『感謝の言葉がない』ところです。

 

 

--------------------------------------

 

さて、みなさんはどのタイプでしたか?

 

 

――ちなみに他にも

 

『お~ほっほ!このあたしに勝負を挑むなんて、いい度胸じゃなぁい?』

『ふひ、ふひひひ……』

『がははは!よくわからんが、面白そうだな!』

『……ふっ、いいだろう』

 

などなど、無数のキャラが出てきてしまい大変でした。

が、キリがないので、今回は6パターンに絞らせていただきました。

 

 

--------------------------------------

 

今回、この性格診断を通して皆様にお伝えしたかったことが一つあります。

 

 

それは、

 

 

『本当に絶体絶命のピンチの時、笑う余裕なんかねぇよ』

 

 

ということです。

 

 

すーん

 

 

 

おしまい

 

※本診断にはなんの根拠も統計もございません。