盤上遊戯は三日月の夜に

ボードゲーム好きの夫婦「ミカ美(みかみ)」と「Moon(むーん)」の日常

【レビュー】<ガンシュンクレバー>何度も遊べるシートを作って遊んでみたよ

 

どうも、みかむーのMoonの方です。

 

先日、仕事終わりに 中野にあるkurumariさんで遊んできました。

 

その時に遊んだゲームがメッチャ面白かったので、今回はそちらをレビューしたいと思います!

 

--------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------

 

~ガンシュンクレバー~

ガンシュンクレバー

※画像はAmazonより引用

 

<ゲーム情報>

タイトル:ガンシュンクレバー

デザイナー:ウォルフガング・ウォルーシュ

人数:1~4人

時間:30分前後

年齢:8歳~

 

 

<ゲーム概要>

6色のダイスを振って遊ぶ紙ペンゲームです。

手番ではダイスを振ってその中から出目を選んで専用のシートにマークしていきます。一回の手番でマーク出来るのはダイス3個。

どの色にするかによって、得点の獲得方法が違ったりします。また、マークの記入状況によって追加ボーナスがもらえたりする、考え所と運が絶妙な楽しいゲームです。

 

ドイツ年間ゲーム大賞2018エキスパート部門にノミネートしている本作品ですが、デザイナーのウォルフガング・ウォルーシュは他にも【ザ・マインド】、【クアックサルバー】の2作品を手掛けており、その3作品全てがノミネートされているという快挙を成し遂げた人です。

 

 

<ゲーム内容>

さて、このゲームは自分の手番で以下のアクションを行ないます。

 

① ダイスを振る⇒その中から一つ選ぶ
② 選んだダイスの出目に該当する箇所に記入
③ ①、②を計3回(ダイス3つ分)行なう
④ 全ての記入が終わったら次のプレイヤーへ

 

上記を繰り返し行なっていき、人数に応じた指定ラウンド数を終えたらゲーム終了です。(1~2人=6ラウンド 3人=5ラウンド 4人以上=4ラウンド)

 

得点については後で詳細を書きますが、色んなマスを埋めていって条件を満たしたら

勝利点や特別ボーナスがもらえたりします。

最終的に、獲得した勝利点が一番高いプレイヤーの勝利となります。

 

 

 

 

~ダイスの獲得方法~

――さて、ダイスの獲得方法についてもう少し細かく説明していきます。

 

基本的にはダイスを振って1つ選ぶ、終わったら残ったダイスをまた振るわけです。

しかし『選んだ出目未満のダイスは振れない』というルールがあります。

 

例えば、1回目が下記のようなダイスの出目で、"緑の3"を選んだとします。

ダイス

すると黄色の2は捨てとなり、次のアクションでは緑と黄色を除いた残4つしか振れないということになります。

 

ちなみに、手番で3つのダイスを選ぶことが出来ますが、振れるダイスがない、もしくは選べるダイスがない場合はその時点で手番終了となります。

 

~相手の手番中に出来ること~

このゲームは相手の手番中にも出来ることがあります。そのおかげであまりダウンタイムを感じることなく、かつ相手の動向にも目を光らせたくなるわけです。良く出来てますね。

 

前述の通り、プレイヤーが手番中に使用出来るダイスは最大で3個です。

すると、使用されなかったダイスが3個余るわけですが、実は相手の手番で使用されなかった3個のダイスの内一つを使用することが出来ます。

 

ではここで例を出してみます。

あるプレイヤーが3個のダイスを使用した後、残ったダイスは下記のようなものでした。

ダイス

自分のシートを見てみると、ちょうど黄色の2を埋めたい感じだったので、3個あるダイスから黄色を選び、該当の箇所に記入しました。

 

 てな具合で、自分の手番で3か所、他プレイヤーの手番で1か所を埋めていくことが出来るようになっています。

 

 

~5つのエリアについて~

各ダイスの色によって、記入する箇所が決まっています。

その各色のエリアではそれぞれ得点の獲得方法が異なります。どこを優先して埋めていこうか悩ましいのが楽しいです。

 

黄色エリア

 ここは黄色いダイスの出目でビンゴするイメージです。

黄色エリア

縦、横、ななめのいずれかが埋まった際に、その列に描いてあるアイコンのボーナスや勝利点が獲得できます。(×のところは何も入れる必要はありません)

 

ちなみにボーナスですが、ダイスの振り直しや他のエリアに好きな数字記入など、お得な効果が色々あります。

 

 

エリア

こちらは左詰めで埋めていかなければならないエリアです。

緑エリア

見てわかる通り、要は左から順に"1以上の出目"、"2以上の出目"、"3以上の出目"……

と、条件が少しずつ厳しくなっていくエリアです。どこまでマスを埋めれたかによって勝利点が変わります。

ちなみに、いきなり"5"の出目が出たからといって、5まで埋めれるわけではないのでご注意を。

 

一定のところまでいくと下に記載のボーナスがもらえます。

 

 

オレンジエリア

こちらも左詰めで埋めていくエリアですが、こちらはダイスの出目をそのまま記入していき、最終的にその合計が勝利点として扱われます。

オレンジエリア

記入する数字に制限はなく、使い勝手のいいエリアです。

『×2』のマスでは、単純に出目の2倍の数値を記入し、それがそのまま得点となりますので、ぜひとも高い出目を埋めたい所ですね。

こちらも一定のところまでいけばボーナスがもらえます。

 

 

エリア

 ここも左詰めで埋めていくエリアです。オレンジエリアと同様に紫ダイスの出目をそのまま記入し得点となります。

紫エリア

ですが、一つ前に記入された数字より大きい数字しか記入できないというルールがあります(一つ前のマスが6の場合のみ、1~6の好きな数字が記入可能です)

マス自体には特に『×2』などもないのですが、他のエリアに比べてボーナスが多く設定されています。

 

 

エリア

――さて、青エリアは少しダイスの処理が特殊です。

青エリア

まず、勝利点はこのエリア内でいくつマスを埋めたかで変動します(青エリア内上部に記載されています)。

青エリア内で7つのマスを埋めれたとすると、22点獲得できるということになります。

  

次にボーナスについて。

こちらは黄色エリアに似ているのですが、縦もしくは横の1列が埋まったら該当のボーナスがもらえます。

 

んで、ちょっと特殊なダイスの処理について。

青いエリアの各マスに描かれている数字はダイス+ダイス』の合計値で見ていきます。

元々、白いダイスは好きなエリアに使用できるという能力を持っています。ワイルドダイスってとこでしょうか。

 

 

例えば下記のような出目だとしましょう。

ダイス

白いダイスを使用"する場合、青と白の出目合計値で"7"のマスが埋まります。

あくまで使用したのは白いダイスなので、青いダイスはまた振ることができます。

 

これが逆の場合、"青いダイス"を使用して青エリアを埋めるなら同様に"7"が埋まりますが使用した出目未満のダイスは捨てになるので、白いダイスは振れなくなります。

※使用出来るダイスについて間違えて記載していたので修正しました(2018/06/28)

 

青を使うか白を使うかでもその後の動きが大きく変わるようなシステム、いやぁすごいアイディアですね。

 

 

――というわけで、少し長くなっちゃいましたがゲーム内容は大まかにこんな感じです。

 

4人で遊んでも30分前後と軽めで、なのに考え所がしっかりあって本当に良く出来たゲームだなぁと思いました!

 

 

<何度も遊べるシートを自作してみた>

ご紹介した通り、このゲームは紙ペン(あとダイス)のゲームです。

こんな少ないアイテムでちゃんと面白いんだから、ボードゲームってアイディア次第で無限の可能性を秘めているなぁ……なんて改めて思わされた次第です。

 

 

――んで、うちの嫁はこのゲームを大層気に入りまして。

「欲しい!買いたい!いや、買おう!」

ってな勢いだったわけです。

 

コンポーネントとしては専用シート(紙)が束で入っているのと、プレイ人数分のペン、あとは6色のダイスです。

 

専用シートも紙ですからもちろん使い捨てですし、なんかちょっともったいないなぁと購入に躊躇してしまいまして……。

 

――結論として「何度も遊べるシートを自作しちゃお」と思ってしまいました。

 

今回はせっかくなので作り方をご説明します。

 

①専用シートをネットで探す

私は下記サイトにあった2人用シートを使用させていただきました。 

最後の得点計算できるマスが用意されているのも、使い勝手がよくてとても良いです!

※補足説明が記載されている1人用PDFがありますが、一部記載に誤りがあるようなので使用する際はしっかりとルールを読んでから遊んでみてね

 

②A4サイズで印刷

家庭用プリンターで十分です。これを普通に印刷します。

A4サイズで印刷

 

 

③半分にカット

半分にカットして、A5サイズにします。

A5サイズにカット

 

 

ラミネート加工する

A5サイズのシートをラミネーターでパウチしちゃいます。

ラミネート加工

これだけで、ホワイトボードマーカーで書いたり消したり出来るようになりました。

 ※ピンキリではありますが、ラミネーターはA4サイズ対応で3,000円以下で買えます。フィルムもウン百円の世界なので一緒に買っちゃいましょう。他のボードゲームでも、サマリーや得点表をパウチするなど使い勝手が良く、十分に元が取れるアイテムです。

 

 

⑤完成!

完成

今回は裏面にパッケージ画像を印刷してそれっぽくしてみました!

――が、もちろん表面さえしっかり印刷されてれば全く問題なく使用できます!

 

 

 

 <感想>

というわけで、嫁と遊んでみました!

 

なんて言うんでしょう、すごく面白いんですけど……。

何が面白いか説明できないんですよね(白目)

 

いや、レビューを書いているものとして最低なこと言ってるのはわかるんですけどね。

 

 

ゲーム自体は割と淡々と進んでいきますし

ダイスを振るゲームである以上、運にも左右されますし

出目を埋めていくだけ、と言えばそれまでですし……。

 

でもメッチャ楽しいんですよ!(必死)

 

 

一回やってみれば難しいルールもないですし、プレイ感も軽くて何度も遊びたくなる不思議なゲームです!

一人でも遊べるってのはポイント高めです。家でちょっとした時間でも遊べる手軽さ!いいね!

 

私は金欠で(でもやりたくて)自作してしまいましたが……

余裕がある方は、今後のボードゲーム発展のためにもぜひぜひ購入することをお勧めします!(他力本願ですみません)

 

 

私の友人は一人プレイで300点を超えたらしいですが、私はまだまだその壁を越えられそうにありません……。

 

せっかく何度も遊べる仕様にしたので、これからいっぱい遊んで精進していきたいと思います!

 

おしまい