盤上遊戯は三日月の夜に

ボードゲーム好きの夫婦「ミカ美(みかみ)」と「Moon(むーん)」の日常

【レビュー】<センチュリーゴーレム>遊んでみました


どうも、みかむーのMoonの方です。

 

最近は遊んだゲームに対して、レビューが全く追いついておりません(白目)

 

個人のブログですから『書かなきゃいけない』ってことは全然ないのですが。

頑張って継続していきたい所存でございます。

 

 

 

さて、今回はゴーレムを作っていくゲームのご紹介です。

 

 

--------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------

 

~センチュリー:ゴーレム (Century: Golem Edion)~

センチュリーゴーレム

 

<ゲーム情報>

タイトル:センチュリー:ゴーレム

販売元:アークライト

人数:2~5人

時間:30~45分

年齢:8歳~

 

<ストーリー概要>

この星の地下深くには《ソウル・クリスタル》が眠っています。

それは人間が生まれるよりもずっと前、かつてこの星に住んでいた住民の亡骸(なきがら)が変容したものだと、言い伝えられています。

プレイヤーはクリスタル商人となり、さまざまな《ソウル・クリスタル》を交易します。
取りそろえたクリスタルを使ってゴーレムを作り上げ、得点を競いましょう。

 

 

<ゲーム概要>

場に出ている【商人カード】を獲得し、自分のデッキを作り上げ、そのデッキを用いてクリスタルの獲得、変換などを行ないます。

 

このクリスタルは、勝利点となる【ゴーレム】のカードを獲得する際に使用します。

終了条件は、プレイ人数に応じて指定されたゴーレムカードの枚数をいずれかのプレイヤーが獲得したラウンドで終了となります。

最終的にゴーレムカードに描かれた勝利点を合計し、その得点が一番高いプレイヤーの勝利となります。

 

 

<パッケージ&コンポーネント

もうパッケージ見た瞬間から

『これは買いだ』

と決めておりました。

 

届いたので早速開けてみると……

 

見てください!この内容物!!

内容物

意外と時間のかかるボードゲームのセッティングにおいて、内容物の『出し入れのしやすさ』はとても重要ですよね。

こいつはケースに入ったクリスタル達をそのまま出し入れできるのです!

カードもちゃんと収まるし、あと単純に見た目が綺麗で素敵!

こいつぁ最高だぜ! 

 

 

カードのイラストも雰囲気がとっても良い!

カード

そしてメタルコインの贅沢感!!

コイン

 

内容物がこれだけ贅沢なものなのに5,000円程度ですから

 

実質無料みたいなもんですね(狂喜)

 

 

<ゲーム内容>

私はスパイスロードはやったことないのですが、事前情報によると『センチュリー:スパイスロード』のテーマ違い版だそうですね。

 

こちらはルールも全く同じだそうです。

 

なので、そちらを知っている方はすぐにでも遊べるってことですね。

テーマ違いということですが、個人的には 圧倒的にゴーレムの方が好きです。

 

---------------------------------------


では早速ゲーム内容について軽くご紹介します。

 

まず、各プレイヤーは初期手札初期資源を受け取ります。

カードの方は共通ですが、資源はスタPが一番少なく、そこから時計回りに多くもらえます。

初期手札など

 

続いて、全体のセッティングはこんな感じです。

セッティング

 

場のカードですが、上の列が"ゴーレムカード"、下の列が"商人カード"です。

 

ゴーレムカードに描かれた数字が勝利点です。概要でも書いた通り、最終的にこの合計値が一番高いプレイヤーが勝利となります。

 

これを獲得するためにはゴーレムカード下部に描かれたクリスタルを、コストとして支払わなければなりません。

 

んじゃあそのクリスタルやらカードやらは、どうやって獲得していくの?

 

ってことで、ここから手番の処理について説明していきます。

 

 

<手番の処理>

手番では以下4つのアクションの中から1つだけ実行します。

 

・商人カードの購入
・商人カードをプレイする
・休息を取る
・ゴーレムカードの購入

 

これら一つずつ説明していきます。

 

<商人カードの購入>

商人カードは共有のスペースに6枚オープンされ、その中から1枚を獲得します。

 

カードを獲得するには、そのカードより左にあるカード1枚につき"クリスタル1つ"をカードの上に置かなければなりません。

この時、クリスタルの色は何色でもかまいません

商人カード獲得_例

※左から3番目のカードを獲得する場合、左側にある2枚のカードの上に一つずつクリスタルを置く

 

つまり、一番左の(山札から一番遠い)カードはノーコストで獲得でき、一番右の(山札に一番近い)カードを獲得するには5つのクリスタルが必要、ということになります。

 

<商人カードをプレイする>

購入したカードは一旦手札となります。そのカードを場に出すことで、カードに描かれた効果を使用することが出来ます。

カードの効果は3つに分類されます

 

・クリスタルの獲得

これは単純に、カードに描かれている数、色のクリスタルをもらえるというものです。

f:id:mikamoon:20180326200426j:plain

※このカードの場合、青いクリスタルと黄色のクリスタルが一つずつもらえます

 

ちなみに、クリスタルは専用の置き場があります。

クリスタル置き場

保管には上限があり、手番終了時に カードに描かれた10マス(10個)を超えて所持している場合は、10個になるように余分なクリスタルを選んで捨てなければなりません

 

 

・クリスタルのランクアップ

今更の説明ですが、クリスタルは全4色あり、その中でランクがあります。

クリスタル4種

の順で価値が高くなっていきます。

 

そしてクリスタルのランクはカードの効果で上げることができます。

 

例えば、初期手札にも含まれているこのカード。

ランクアップのカード

これは『1つのクリスタル2ランクUP』『2つのクリスタルを1ランクUP』として使うことができます。

 

 

・クリスタルの交換

これはカードに描かれている通りにクリスタルを交換することが出来ます。

クリスタル交換のカード

例えばこのカードでは、クリスタル一つを支払って、赤 青 のクリスタルを獲得するという効果です。

矢印の方向のみの変換となるため、下から上への変換はできません。

 


――以上が商人カードに含まれる3つの効果です。

これを駆使してクリスタルをあーだこーだとこねくり回すことになります。

 

<休息を取る>

よくあるデッキ構築ゲームでは山札がなくなると捨て札を再度シャッフルして使用します。
このゲームでは"休息を取る"というアクションで、使用したカード(捨て札)を自分の手札に戻すことができます。

 

これは手札の残り枚数に関わらず、"休息を取る"アクションを行なうことでいつでも手札に戻すことが出来ます。

 

<ゴーレムカードの購入>

ゴーレムカードに描かれたコストを支払うことでそのカードを獲得することが出来ます。ゴーレムカードは最終的に得点計算で使うだけですので、手札に入れたりはせず手元に置いておきます。

ゴーレムカード

共有スペースには常に5枚のゴーレムカードが出ている状態です。

 

 

一番左の(山札から一番遠い)カードの上には"銅貨"、その隣のカードの上には"銀貨"が置かれています。

コインの獲得について

カードを獲得した時、そのカードの上にまだコインがあるなら、コイン1枚も併せて獲得することが出来ます。

 

コインは最終的に追加勝利点となります。


説明書では【銅貨=3点、銀貨=1点】と書いてありますが、

これ、価値逆だと思うんですよねぇ……。

(※2018年3月26日現在エラッタ情報なし)

 

実際はどうなのかわかりませんが、取り急ぎ我が家ではハウスルールとして【銅貨=1点、銀貨=3点として遊びました。

 

ゴーレムカードが取られたら場のカードを左詰めにしていき、一番右側(山札に一番近い場所)に新しいカードを1枚オープンします。

 

 

――以上、4つの手番の内容を説明しました。

あとは自分の手番が来たら上記4つの中から1つ選んでアクションを行ない、いずれかのプレイヤーがゴーレムカードを指定枚数集めたラウンドでゲーム終了となります。

 

 

<感想>

毎度のことながら、嫁と二人で遊んでみました。

 

最初はどんなカードがあるかもわからないため、とりあえず"クリスタル獲得系"の商人カードを選んで取っていく私に対して、嫁は"クリスタル変換系"のカードを集めている様子。これがどういう結果となるのか……。


現状、場に出ているゴーレムカードで1番高い点数は20点。嫁は明らかにそのカードを狙っている様子……。

 

むむむ……

序盤で変換系のカードを多く取っている嫁は順調にクリスタルを獲得しているみたい。

一方私は、は割と集められるけど、を獲得する手段がほとんどなく、変換力がかなり弱い……。

 

仕方なく若干点数は見劣りしますが、コインでカバーする作戦に切り替えることにしました。

すでに出遅れているため、クリスタルのやりくりがかなり後手後手です。とほほ。

 


――いよいよ終盤戦。白熱したカードの取り合いが続き、最終的にお互いが同じラウンド中に6枚目(2人プレイ時の終了枚数)のカードを獲得して終了!

1回戦結果

 

ゴーレムの点数だけで見れば微妙に負けている気がする……。

負けを覚悟しながら得点計算をしていきます。

 

嫁は95点

私は……

 

なんと同じく95点!


くぅ、同点かぁ……。

まぁ出遅れながらもよく頑張った方だy――

 

「あれ?クリスタルは計算したの?」

「……!!」

 

そう、実は最後に余ったクリスタルが得点になることを忘れていたのです。

(黄色は0点、他のクリスタルは一律で1つにつき1点)

 

が2つとが1つ残っていた私は……

 

合計で98点!!

なんと、勝っていました!!

 

うわぁーい♪

 

 

と喜んでいると、嫁の再戦リクエストがあったのでそのまま2試合目。

 

今度はゴーレムカード先取りで逃げ切る作戦を試してみました。

――序盤から割と安くても獲得しやすいカードをどんどん取っていき、最終的に私が6枚獲得した段階で嫁は4枚しか獲得出来ておらず……。

 

余裕を持って勝利!

 

こりゃーメッチャ楽しい!

 

見た目に反してプレイ感はとっても軽めで、ルールもわかりやすいので初めての人にも説明しやすく楽しめる内容! 

 

これは我が家でリプレイ率高くなること間違いなしのメッチャ面白いゲームでした。買ってよかった。

 

 ---------------------------------------

 

――はい、ということでいかがでしたでしょうか。

センチュリースパイスロードをお持ちでないなら、ゴーレムエディションを買うのもいいのと思います。

何よりイラスト可愛いですし、クリスタル綺麗ですし、素敵ですよ!!

 


おしまい