盤上遊戯は三日月の夜に

ボードゲーム好きの夫婦「ミカ美(みかみ)」と「Moon(むーん)」の日常

【ボードゲームグランプリ】<面白そうだからチャレンジしてみっか>Part.04

 

どうも、みかむーのMoonの方です。

 

ボードゲームグランプリに応募する方々、進捗いかがですか?

 

私は1mmも進んでいません。

 

心に闇を抱えた人のイラスト

※あの有名なフリー素材<心に闇を抱えた人のイラスト(男性)>

 

 

 

――さて、前回はテーマを決めるところまでいきました。

まだ前回のブログをお読みでない方はこちらからどうぞ

【ボードゲームグランプリ】<面白そうだからチャレンジしてみっか>Part.01

【ボードゲームグランプリ】<面白そうだからチャレンジしてみっか>Part.02

【ボードゲームグランプリ】<面白そうだからチャレンジしてみっか>Part.03 

 

 

今回はなんとかアイディアを絞り出して、1mmぐらいは進めたいと思います。

 

--------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------

 

 

前回決めた【LIFULL HOME'Sさんにゴマを摺る】作戦ですが、そもそもLIFULL HOME'Sさんにとってプラスになることってなんだろ?ってとこから考えていこうと思います。

 

 

~LIFULL HOME'Sさんにとって有益なことは何か~

LIFULL HOME'S

そもそもLIFULL HOME'Sさんはどのような活動をしているのでしょうか。

 

◆LIFULL HOME'Sは
皆様が最上の住まいに出逢えるよう、最大の不動産・住宅情報と、最良の情報品質、最適な手法によって住まい探しをお手伝いする不動産・住宅情報の総合サービスです。

 

◆LIFULL HOME'Sの主なしくみ

全国の不動産会社など住宅業界・不動産業界の各社から集めた情報を、webサイトや電話相談などを通して、皆様に最適な形でご提供しています。

こちらより引用)

 

 

――なるほど。

ということは、普通に「契約を取って~」というような不動産会社ではなく【情報】を基になんか上手いこと利益を出しているのでしょうね。

 

ユーチューバ―みたいにアクセス数とか、もしくは問い合わせ数に対して紹介料的なものが発生しているのかなぁ。

 

いや、結果的に契約者が増えたら一番嬉しいのかもしれないけど、ボードゲームで契約者は増えないんじゃないかなぁ。難しいと思うなぁ。

 

どれだけ素晴らしいゲームを作っても

 

「このゲームおもしろーい♪ 引っ越ししよー!」

 

とは ならないよなぁ。

 

 

ということで、とりあえず【サイトへのアクセスが増えるボードゲームなら喜ばれるんじゃないかなと考えました。

 

 

~実際にサイトを見る時はどんな時か~

「2LDKに住みたい!」

と、いきなり思い立ってネットで検索したとしましょう。

恐らく膨大な件数が出てきてしまい、とてもすべてをチェックすることは出来ないでしょうね。

検索

 不動産サイトは膨大な数の物件という情報をデータ化し、それを探しやすくソートをかけてくれたりするサイトです。

つまり、不動産系のサイトを見る時は、どんな地域のどんな条件がいいかと【絞込み】をしていきたい時なわけです。

 

逆に言えば、絞込みで探していくような情報がゲームで取り扱われれば、あとで調べてみたくなるかもしれない、ってことですね。

 

 

~どう誘導するかを考える~

ゲーム中にサイトを開いて何かをするってのは露骨ですし、プレイアビリティ的にも避けたいところ……。その情報がいつまで掲載されるかもわからないってのもリスキーですしね。

 

そうなると、ゲームはゲームで遊んだ上で、答えあわせ的な感じでサイトに飛んでもらえたらいいんじゃないかなと思いました。

「詳しくはWebで」みたいな。

 

つまり、物件情報を基にしたゲームで遊んだら【"LIFULL HOME'S"さんのサイトで実際の情報を確認してみてね】って感じのボードゲームにすればいいわけです。

 

うん、それぐらいなら出来そうな気がしますね。

 

 

~ここまでのまとめ~

今までの記事も含めて、出てきた内容を一旦まとめたいとおもいます。

 

◆大テーマ【住まいを見つけるまで(住まい探し・情報掲載や収集)】

◆小テーマ【LIFULL HOME'Sさんにゴマを擂る】
 ⇒創作したゲームを遊ぶことでLIFULL HOME'Sさんのサイトへアクセスしたくなるような内容

◆不動産についての豆知識などが遊びながら学べるとなお良し

 

 

 

――いかがでしょうか。

 

Part.04まで来て、この内容の薄さ。

 

まさかこれまでの軌跡がたった10秒足らずで読み終わってしまうとは夢にも思いませんでした。

 

頭の中で考えていることをダラダラと文章にすると、内容極薄の時間泥棒記事になってしまうわけですね。勉強になりました。

 

 

さて、次回ですが……。

応募までの時間もどんどんと少なくなってしまうので、いよいよ本格的にアイディアをこねくり回していこうと思います。

 

乞うご期待!(できない)

 

 

おしまい